<

ニュース

29 4月 2021 - ブティック
このページをシェア

中国で語られるトゥールビヨン

その革新的な発明から220周年の年を称えるために、ブレゲはトゥールビヨンの回顧展を開催しました。比類なく複雑な天才的機構の発明は、一人の人間が挑んだ真の冒険の中心に位置づけられ、今もトゥールビヨンの考案者アブラアン-ルイ・ブレゲと、そのメゾンの名声に多大な貢献を果たしています

4月にアモイで開催されたエキシビションは、この後、杭州、上海、深圳でも開催されます。会場では、ブレゲのコレクションの中でも歴史的なタイムピースであるNo.1188が紹介される予定です。1808年に販売されたこの懐中時計は、アブラアン-ルイ・ブレゲによって製作され、トゥールビヨンだけではなく、鎖引きのフュゼチェーンシステムによるコンスタントフォース脱進機も搭載されています。