アンティークウォッチ

公式鑑定書の取得方法

ブレゲ・ミュージアムはアンティークウォッチの鑑定サービスを提供しています。このサービスでは、正式にブレゲが制作した時計を鑑定し、製品の特徴、販売日、最初の所有者の名前など、鑑定した時計に関する情報をお伝えいたします。

資産評価はいっさい実施されません。こうした評価は、独立鑑定士やオークションハウスの管轄になります。 

鑑定をご希望の場合は、お問い合わせフォームに以下の情報を添えてご連絡ください。

  • 時計のサイズ(直径、厚さ)
  • 文字盤、ケース、蓋上のサインのタイプ
  • 文字盤、ケース、蓋上のナンバー
  • ケースの素材(ゴールド、プラチナ、シルバー等)
  • 文字盤の特徴(ゴールド、シルバー、エナメル等)および数字(ローマ、アラビア、トルコ等)
  • チャイムの有無
  • 時計の機能:スモールセコンド、センターセコンド、クロノグラフ、ムーンフェイズ、カレンダー(曜日、日、月)、パワーリザーブ等
  • ケース、文字盤、ムーブメントの鮮明な写真

鑑定した時計がブレゲ製である場合、登録簿に記載されている関連情報をまとめた公式鑑定書の取得をご提案いたします。鑑定書はパリでキュレーターが作成・署名を行います。費用は535ユーロ(免税・前払い)です。

お問い合わせ

重要なお知らせ

非常に多くの「偽造ブレゲ」が18世紀末から19世紀を通して製造され、その数は本物のブレゲを大幅に上回っています。

5500以降のシリアルナンバーが記された懐中時計は偽造品の可能性があります。“Breguet à Paris”というサインが入った19世紀の懐中時計は偽造品です。また、ブレゲでは“Spiral Breguet”の刻印入りの時計は製造しておりません。1880年から1910年にかけて、多くの製造者がこの刻印を目立つように偽造品にあしらい、ブレゲ製であるかのように販売しています。しかし、ブレゲではこうした刻印を使用したことはありません。