<

高振動数

2010 - 高振動数

ローターの振動数が増加することで、テンプのパフォーマンスは高まり、これによって時計の歩度の精度と安定性は確実に向上します。

振動数の増加

スイス製高級時計の中央に収められているスイスレバー脱進機は、200年にわたって進化を遂げてきましたが、その振動数はまったく増えないか、あるいは徐々にしか増えませんでした。この50年間、振動数は毎時18,000回から28,800回が規準でしたが、ごくわずかに毎時36,000回の振動数というタイムピースも登場しました。増加の速度はゆるやかで、1時間に7,000振動という進歩は、革新的として歓迎されました。ですが、想像してみてください。その増加が標準の2倍、1時間に72,000回、つまり10Hzに達したのです。

2010年、ブレゲは10Hzの振動数を備えた「タイプ XXII」を発表しました。これは伝説のモデル「タイプ XX」の進化版で、何より高精度の成果を実現していました。より厳密で安定した時間測定を目的とした高振動の研究の結果から、このモデルは20分の1秒を刻むことができる10Hzムーブメントを搭載した、初の量産型の機械式クロノグラフとなり、そのひげゼンマイ、アンクル、脱進機にはシリコン素材が採用されました。

また、ローターの振動数が増えることで、クロノグラフの操作性も確実に向上しました。秒針が30秒で文字盤を1周し、その動きが目に見えて変わったのです。これにより、クロノグラフの起動と計時が2倍正確になりました。

新素材

この技術的偉業を可能にしたのが、シリコンの使用でした。これにより、作動する脱進機の部品が軽くなり、高振動数に大きく関連する注油の制限を減らすことにつながったのです。シリコンのメリットのひとつが、磁場の影響を受けないことにあります。さらに、その密度は、スティールや真鍮の3倍小さく、低い慣性で軽い部品を作ることができる一方、シリコン自体は極めて硬く、腐食や通常使用に対する耐久性が高いのです。時計のこうした中央部品の重量が大幅に低下したことは、振動数を毎時72,000回という革命的なレベルに上げるための重要な足掛かりとなりました。

もうひとつは、テンプそのものの設計です。ブレゲは他に先駆けてテンプにチタンを使用し、その特許も取得しました。チタンの軽さはゴールド製の調速ねじに深く関わり、一般的な振動数の時計にとって理想的であることはもちろんのこと、業界最高レベルの「タイプ XXII」の振動数に特に適していました。というのも、慣性を最小限に抑えることが不可欠だからです。

ローターの振動数が増加することで、テンプのパフォーマンスは高まり、これによって時計の歩度の精度と安定性は確実に向上します。これは所有者にとって、時計の歩度がより安定することを意味します。そして、高振動を追求するための研究は、クロノグラフに留まらない新たな分野への応用にもつながります。

精度を追求するブレゲは、精度と信頼性向上のために磁性を積極的に活用することで、時計製造の歴史においてもうひとつのマイルストーンを築きました。それが他のブレゲの革新を組み合わせて誕生した「クラシック クロノメトリー 7727」で、その目を見張るほどの結果は主に10Hzの振動数によるものです。

この発明を搭載したモデル

X
+
-
X
+
-
各タイプのCookieを有効、または、無効にするにはそれぞれのボタンをクリックしてください。ボタンの色によって有効(青)、または無効(グレー)が分かります。
Cookieは本ウェブサイトを最適な状態でご利用いただくことを保証いたします。このまま継続してウェブサイトをご覧いただくことでCookieの使用に同意したこととなります。 設定を変更することで各カテゴリーのCookieを有効、または、無効にできます。 無効にできます。詳細については、プライバシーポリシーもご確認ください。