<

年表

1835 - Le comte Axel de Fersen

Le comte Axel de Fersen

マリー・アントワネットと懇意であったハンス・アクセル・フォン・フェルゼン伯爵(1755年-1810年)の甥にあたるアクセル・フォン・フェルゼン伯爵は、ごく小型で非常に薄く、ゴールド製のハンターペアケースが付いた、巻き上げキーのないスケルトン仕様の時計を購入しました。この時計は、19世紀後期に腕時計が登場するまでは、巻き上げと時刻設定用のキーが付いていない時計として間違いなく世界最小でした。この作品は近代的な腕時計の発達過程において重要な意味を持つ偉業であり、ブレゲというブランドがキー不要の巻き上げ機構と時刻設定を融合させ、リューズというシステムを発明したという証でもあります。最もステータスの高い顧客たちのほとんど全員がこの時計を購入したことを考慮すると、このデザインがブレゲの顧客の間で大きなセンセーションを巻き起こしたことは想像に難くありません。

X
+
-
Back to top