<

年表

1847 - William Makepeace Thackeray

William Makepeace Thackeray

"As for "tickers", (…) her apartments were alive with their clicking. Tor, happening to mention one night that hers, (…) went ill, on the very next morning there came to her a little bijou marked Leroy (…) and another signed Breguet, which was covered with pearls (...)."
William Makepeace Thackeray
Vanity Fair, 1847-1848

ウィリアム・メイクピース・サッカレー(1811年-1863年)はイギリスの小説家であり、『虚栄の市』(1847年-1848年)で風刺作家としての評判が定着しました。この小説はナポレオン戦争時代のイギリス社会を描写した作品です。

X
+
-
各タイプのCookieを有効、または、無効にするにはそれぞれのボタンをクリックしてください。ボタンの色によって有効(青)、または無効(グレー)が分かります。
Cookieは本ウェブサイトを最適な状態でご利用いただくことを保証いたします。このまま継続してウェブサイトをご覧いただくことでCookieの使用に同意したこととなります。 設定を変更することで各カテゴリーのCookieを有効、または、無効にできます。 無効にできます。詳細については、プライバシーポリシーもご確認ください。