<

パートナーシップ

12 2月 2016 - 音楽
このページをシェア

ブレゲとTeatro Dell’Opera:音楽をともに称える

芸術と文化の保存において長い伝統を誇るブレゲは2016年、イタリアでも最も由緒ある歌劇場のひとつ、Teatro Dell’Operaとパートナーシップを結びました。
1880年に設立されたTeatro Dell’Operaは、比類のないクラシックコンサートや国際的に認められたアーティストを擁したバレエ作品を紹介しています。この歌劇場は優れた音響効果だけではなく、その壮麗たるインテリアでも知られています。特にフレスコ画が描かれ、ムラーノクリスタルのシャンデリアが照らし出すドーム型の天井の美しさは圧巻です。
Teatro Dell’Operaとブレゲのこの新しいパートナーシップは、ブレゲが重要視している芸術の形である音楽に価値ある支援を可能とします。このパートナーシップはまた、ブレゲを愛し、その時計を所有してきた偉大な作曲家や音楽家(ジョアキーノ・ロッシーニ、アルトゥール・ルービンシュタイン、セルゲイ・ラフマニノフなど)へのオマージュでもあり、音楽と高級時計のこうした結び付きが、このふたつの世界に貫かれる価値観を例証します。美と感動を分かち合うことに情熱を捧げる音楽と時計の世界は、精度、革新、そして卓越性の追求という点で強く結びついているのです。
2016年2月に公式にスタートしたこの新しいパートナーシップを称えて、ジョアキーノ・ロッシーニのオペラ『セビリアの理髪師』を上演しました。ブレゲとTeatro Dell’Operaにとってロッシーニが象徴的な存在であることから、この作品が選ばれました。1880年11月27日、劇場が開場した際、その夜のオープニングを飾ったのもロッシーニのオペラ作品だったのです。