<

パートナーシップ

ブレゲとCNNによる文化振興
25 11月 2013 - ミュージアム
このページをシェア

ブレゲとCNNによる文化振興

2011年、ブレゲとCNNがテーマウィークでレオナルド・ダ・ヴィンチについて取り上げ、彼の最後の作品が世界に紹介された時、世界規模の大きなパートナーシップが誕生しました。 ”Salvator Mundi”と題され発見されたこの絵画作品は、2011年11月9日から2012年2月までロンドンのナショナルギャラリーに展示されました。時計マニュファクチュールと国際的に知られたケーブルニュースチャンネルとのパートナーシップでは、ケーブルネットワークとインターネットで、過去2世紀の間で最も重要な芸術的発見の詳細が伝えられました。レオナルド・ダ・ヴィンチを取り上げたこのテーマウィークの構成は、時計ブランドのブレゲとイタリアの偉大な芸術家との関係を具体化したブレゲ・コレクションのあるモデルを起点として展開されました。
動力をテンプに一定のリズムで与える円錐滑車のメカニズムを一体化したトラディション トゥールビヨン フュゼ7047モデルは、1490年頃レオナルド・ダ・ヴィンチが発明したコンセプトだったのです。