<

パートナーシップ

ブレゲ、ミラノで文化に情熱を捧げる
16 10月 2013 - ミュージアム
このページをシェア

ブレゲ、ミラノで文化に情熱を捧げる

2013年、ブレゲはヨーロッパで最も大きく、最も保存状態のよい邸宅美術館のひとつ、バガッティ・ヴァルセッキ財団を後援しました。バガッティ・ヴァルセッキ美術館は、16世紀のロンバルディ様式の邸宅に着想を得て建てられ、そこにはルネッサンス時代の家具や美術品が備えられています。ここを訪れる人は、文化と創造性、そしてスタイルの見事な調和を感じることができるでしょう。
革新性と時を超越した美の追求はブレゲの精神の核にあり、それはバガッティ・ヴァルセッキ美術館と共有するところでもあります。こうした実りの多い協力関係によっても、美術館は訪問者にここだけでしか得ることのできない体験を提供することができるのです。ルネッサンスから19世紀まで続く歴史がその象徴的な邸宅には残されています。