<

ニュース

14 July 2016 - 芸術と文化
このページをシェア

ブレゲ、日本で開催されるマリー・アントワネット展を支援

ブレゲ社社長兼CEOであるマーク A. ハイエックは、ヴェルサイユ宮殿とパートナーシップを提携し、今回初公開となるマリー・アントワネット回顧展を支援することになりましたことを謹んでお知らせいたします。このパートナーシップは、マリー・アントワネット王妃が愛してやまなかったプチ トリアノン宮の2008年の修復工事を実現したメセナ活動の流れを汲むものです。メゾン・ブレゲはこうして今年、ブレゲの顧客の中でも最も代表的なこの女性に、新たな、そして最高のオマージュを捧げます。«マリー・アントワネット、ヴェルサイユの王妃»展は、2016年10月25日(火)から2017年2月26日(日)まで、著名なミュージアムである、東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催されます。

王妃マリー・アントワネット

ブレゲ「No.1160」ポケットウォッチ

プチ トリアノン

各タイプのCookieを有効、または、無効にするにはそれぞれのボタンをクリックしてください。ボタンの色によって有効(青)、または無効(グレー)が分かります。
Cookieは本ウェブサイトを最適な状態でご利用いただくことを保証いたします。このまま継続してウェブサイトをご覧いただくことでCookieの使用に同意したこととなります。設定を変更することで各カテゴリーのCookieを有効、または、無効にできます。詳細については、プライバシーポリシーもご確認ください。