<

ニュース

1 7月 2024 - 芸術と文化
このページをシェア

ブレゲとデュマの再会

今から200年以上前、アレクサンドル・デュマの『モンテ・クリスト伯』が刊行されました。オノレ・ド・バルザックやヴィクトル・ユーゴーのように、アレクサンドル・デュマもフランス文学の傑作の一つともいえるこの作品の中でブレゲを引用しています。

「ダングラールの時計は、ブレゲの製作した傑作である。出発の前日、彼は丁寧に時計のゼンマイを巻き上げていた。その時計が鳴り、時を告げた。時刻は朝の五時半であった。」 

2024年、ブレゲは、マチュー・デラポルトとアレクサンドル・ド・ラ・パトリエール監督による『モンテ・クリスト伯』の映画化に際し、ピエール・ニネが演じる伯爵が身に着ける懐中時計や、船主モレルのデスクに設置されたマリンクロノメーターなど、歴史的な時計を貸し出しました。

公開日:2024年6月28日(金)
出演者:ピエール・ニネ、バスティアン・ブイヨン、アナイス・ドゥムスティエ、アナマリア・ヴァルトロメイ、ローラン・ラフィット、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、パトリック・ミル、ヴァシリ・シュナイダー、ジュリアン・ド・サンジャン、アデル・シンファル、ステファン・ヴァルペンヌ、ジュリー・デ・ボナ。制作はチャプター2(ディミトリ・ラッサム)とパテ。