hermitage

サンクトペテルブルグ、エルミタージュ美術館のブレゲ・アンティーク展

ブレゲとサンクトペテルブルグのエルミタージュ美術館共催の一連のブレゲ・アンティーク時計展の第1期が2004年6月10日から9月26日に開かれました。
アブラアン‐ルイ・ブレゲは長期に渡りロシア皇族との密接な関係を築き、皇帝御用達時計師として、皇帝と海軍の時計製作を請け負っていました。アレクサンドル1世はパンデュール・サンパティーク(シンパティック・クロック)や歩数計を含め、多くの時計製作をブレゲに命じました。
ブレゲはロシア文学にも登場します。プーシキンやクープリンがブレゲ社の栄誉や製品の洗練された技術的品質について書き記しています。
エルミタージュ美術館の展示は、ブレゲとロシアとの間の古き係わりを称えています。ブレゲの社長兼CEOニコラス・G・ハイエックは、ヨーロッパ文化におけるブレゲの功績を紹介するため、フランス、ヨーロッパ、北米、アジアなど世界の主要美術館での展示を計画しています。