This where the flash should stand...

ブレゲ、初の腕時計の物語を西安で披露

2013.11.06

中国の主要都市で盛大に展開されてきたエキシビション「1810-1812, Breguet makes the first wristwatch fit for a queen」は、2013年11月4日から22日まで中国北西部の文化的大都市、西安で開催中です。この回顧展はナポリ王妃カロリーヌ・ミュラに敬意を表したもので、史上初の腕時計誕生にまつわる物語を紹介しています。

1810年6月8日、ナポリ王妃からの依頼により、アブラアン−ルイ・ブレゲは初の腕時計を製作し始めます。2年半後の1812年12月21日、他に類を見ないエレガンスなタイムピース、ブレゲ「No.2639」が完成しました。ギヨシェ装飾を施したゴールドのケースを纏った楕円形のリピーター・ウォッチは、髪の毛とゴールドの細線を縒り合わせたブレスレットの上に取り付けられていました。

今日では行方のわからない時計製造史上初の腕時計は、ブレゲの数多くの発明の中でも、著名な都市で披露されるのにふさわしいタイムピースです。