This where the flash should stand...

マレーシア:時を超えて伝えるブレゲの魅力

2013.10.24

2013年10月24日、ブレゲはマレーシアのクアラルンプールにて、VIPゲストのためのプライベートイベントを開催しました。優雅なディナーの後、ブレゲの歴史と作品についてのプレゼンテーションが行われ、「クイーン・オブ・ネイプルズ8928」をフォーカスして紹介しました。これは、「クイーン・オブ・ネイプルズ」コレクションの10周年およびナポレオン・ボナパルトの妹でナポリ王妃カロリーヌ・ミュラのためにアブラアン−ルイ・ブレゲが作った初の腕時計の200周年を記念して2012年に作られたものです。

エレガントで洗練されたタイムピース「クイーン・オブ・ネイプルズ8928」のローズゴールドは、6時位置のラグと4時位置のカボションリューズが特徴で、これは「クイーン・オブ・ネイプルズ」コレクションを受け継いでいます。マザーオブパール・ダイヤルを配し、時分表示が6時位置にオフセンター配置されています。ブレゲのタイムピースはすべて機械式であり、このウォッチは自動巻キャリバー586にインライン・スイス・レバー脱進機とシリコン素材によるひげゼンマイが搭載されています。

カロリーヌ・ミュラ同様、他にフランス王妃マリー・アントワネット、コンドルセ侯爵夫人、皇后ジョゼフィーヌといった歴史を彩る王妃がブレゲの作品のとりこになりました。1775年以来、マニュファクチュールはレディースコレクションに力を入れ、時計製造とジュエリーの専門家がさまざまなアイデアを駆使して女性のささやかな望みを叶えてきたのです。