This where the flash should stand...

革新的タイムピース「クラシック クロノメトリー」を香港で披露

2013.08.09

2013年8月8日木曜日、ブレゲは香港にて、今年のフラッグシップ・タイムピース「クラシック クロノメトリー 7727」をプレスに披露。レストランThe Chariot Clubでのランチにジャーナリストを招待し、この革命的なタイムピースについて知ってもらう機会を提供しました。

2010年11月7日、ブレゲはマグネティック・ピボットの特許を取得しました。数年にわたる研究の末に生まれたこの革新的な発明は、時計製造の歴史に残る画期的な出来事となっただけでなく、マニュファクチュールが追及する精度をさらに高いものにしました。

ブレゲ「クラシック クロノメトリー 7727」モデルに搭載されているマグネティック・ピボットは、テン真の両端の軸受けに強力な小型のマイクロ・マグネットを組み込み、テン真がつねに軸受けの中心にくるように自動調整される安定システムです。こうした人工的な引力で保持されるテン真は、時計のさまざまな姿勢に影響されることはなく、軸は一定の状態を保ちます。その結果、テンプは重力の影響を受けず、より安定し衝撃にも耐えるものになりました。

またブレゲが精通するシリコン素材の技術により、「クラシック クロノメトリー 7727」は、10Hzという非常に高い振動数を誇ります。日差の平均は-1/+3秒の精度を実現し、COSC認定クロノメーターの標準的な-4/+6秒を凌いでいます。