This where the flash should stand...

ブレゲ、アメリカ合衆国のボナパルト一族に敬意を表す

2013.06.27

ナポレオン・ボナパルトと彼の一族はブレゲの支援者としても傑出しており、200余年ほど前のブレゲ創設期の頃から、ブレゲと深く関わっていました。この類いまれなる一族に敬意を表し、ブレゲは将軍ナポレオン・ボナパルトの義妹エリザベス・パターソン・ボナパルトにまつわる品を展示した「2つの世界を生きた女性:エリザベス・パターソン・ボナパルトと帝国の遺産への探求」と題したエキシビションをサポートしました。

文化団体メリーランド州歴史協会によって、アメリカ合衆国のボルチモアで始まったこの回顧展の祝賀オープニングイベントがギャレット-ジェイコブス邸で行われました。この邸宅は19世紀に建てられた壮大な建造物です。ここにジェローム・ボナパルトとその妻エリザベスの子孫であるアダム・カール・モルトケ-ヒュイトフェルト伯爵とエリザベス・モルトケ-ヒュイトフェルト伯爵夫人を含む300人を超えるゲストが迎え入れられました。

このエキシビションは、エリザベスが生きた2つの世界にスポットを当てています。エリザベスと彼女の子孫にまつわる、絵画、布製品、ジュエリー、文書、調度品といった品物を通じ、訪れた人はアメリカとヨーロッパとで過ごした彼女の王族生活を垣間見ることができます。彼女が生きた証である美しいエキシビションはメリーランド州歴史協会の美術館で2014年6月9日までお楽しみいただけます。