This where the flash should stand...

ブレゲが "オート タイム マッドネス" コンテストに参加

2013.05.30

米国の高級時計専門誌、「オート タイム」誌は、年に1度のオンライン コンテスト "オート タイム マッドネス” を今年も開催しています。今回のコンテストには、世界の一流の時計メーカーが2013年に発売したコレクションの中から64のタイムピースが参加しており、一般からの投票を受け付けています。決勝に残るには、5つのステージで勝利を収める必要があります。ブレゲからは、今年バーゼルワールドで発表された「クラシック トゥールビヨン エクストラスリム オートマティック」がエントリーしており、現在のところ準々決勝に挑む16のブランドの1つとして好位置をキープしています。

時計製造史における最高傑作である「クラシック トゥールビヨン エクストラスリム  オートマティック」は、チタン製のキャリッジ、シリコン製のヒゲぜんまい、耐磁性を備えたシリコンとスティール製の脱進機が付属したオフセンターダイヤルのトゥールビヨンです。このタイムピースは、パワーリザーブに影響を与えることなく、トゥールビヨンとしては高振動の、振動数4Hzの新しいキャリバーを備えています。特許取得済みの “ハイエナジー” 香箱によって、90時間のパワーリザーブが確保されています。厚さ7ミリのケースに収まるように、ムーブメントの厚さを3mmにするため、ブレゲではムーブメントの端にプラチナ製の両方向巻き上げローターを配置しました。

この非常に優れた時計の詳細をご覧いただき、その年の最高の時計を選ぶ"オート タイム マッドネス” コンテストで優勝するのにふさわしい時計であることをご確認ください:
www.hautetime.com/haute-madness-2013