This where the flash should stand...

ブレゲがニューヨークのフリック・コレクションに登場

2013.05.29

ブレゲは、この度ニューヨークで開催される「精度と卓越性: フリック・コレクション クロック&ウォッチ」展のスポンサーを務めることになり、国際的な芸術および文化保護活動に重要な役割を果たします。

このパートナーシップを記念して、ブレゲではお客様とブレゲ愛好家の方たちを招待したイベントを開催しました。ゲストの皆様には、有名なニューヨークの美術館「フリック・コレクション」(エレガントなアッパーイーストサイドにある20世紀初期の壮麗な大邸宅)にお越しいただき、1500~1800年の300年間に製作されたウォッチおよびクロックの素晴らしいコレクションを堪能いただきました。

この素晴らしい展示で、ゲストの皆様には時計製造史における時計のスタイルと技術の進化についてご覧いただきました。精巧に作られた文字盤や華麗なクラフトワークの中、この展示で最も注目を集めていたのは、アブラアン‐ルイ・ブレゲと彼の息子であるルイ・アントワーヌによる3つのヒストリカルなタイムピース、ダブルダイアルの置き時計、ゴールド製のトゥールビヨン懐中時計、金銅製のトラベルウォッチでした。