This where the flash should stand...

チューリッヒとジュネーブにてブレゲの最新作を披露

2013.05.16

バーゼルワールドにて発表された、「クラシック クロノメトリー 7727」および「クラシック  トゥールビヨン エクストラフラット オートマティック」が、プレスおよび一般の方々から広く高い評価を受けました。

「クラシック クロノメトリー 7727」は、時計製造史上初めてマグネティック・ピボットを組み込んだタイムピースです。この革新的な技術により、平均日差-1/+3秒の高精度が実現し、素晴らしい特徴が時計に備わりました。

「クラシック クロノメトリー 7727」と同様に、「クラシック  トゥールビヨン エクストラフラット オートマティック」もその創造性とエレガンスで人々を満足させます。厚さわずか7mmのケースとたった3mmのムーブメントを有するこの高度な複雑時計の特徴は、新たな開発の結果として注目されました。中でも、最も優れた発明は、1つの香箱で90時間動作するという他を凌駕する特許を取得した“ハイエナジー”香箱です。

2013年5月7日と5月14日、チューリッヒとジュネーブのブレゲ・ブティックでそれぞれ開催された特別なカクテルパーティーで、この素晴らしい2つのモデルが2013年の他の新作とともに発表されました。ゲストの皆様には、マニュファクチュールの技術部門や研究開発部門による貴重なプレゼンテーションもご覧いただきました。このプレゼンテーションは、ゲストの時計製造の知識を高め、ブレゲが追及し続ける技術力への理解を深める素晴らしい機会となりました。