This where the flash should stand...

ブレゲ、ニューヨーク・フィルハーモニック オープニング・ナイト・コンサートの3年目のスポンサーを務める

2012.10.02

2012年9月27日、ブレゲは提供スポンサーとしてニューヨーク・フィルハーモニックの今シーズン(2012~2013年)のオープニング・ナイト・コンサートを主催しました。伝説的ともいえる交響楽団とのパートナーシップを結んで今年で3年目となります。この夜はニューヨーク・フィルハーモニック エグゼクティブ ディレクターのマシュー・ヴァン・ビーセン、音楽監督のアラン・ギルバート、世界的に有名なピアニストのジャン=イヴ・ティボーデそして俳優のアレック・ボールドウィンらが出席しました。

世界中の芸術と文化の保護を伝統的に行うブレゲにとって、世界に名を馳せるヴァイオリニスト、イツァーク・パールマンをソロイストとして迎え、リムスキー=コルサコフ、マスネ、チャイコフスキー(グラズノフ編曲)、ウィリアム、サラサーテの演奏がなされるコンサートを主催できたことは大変光栄でした。コンサート後、ゲストたちはリンカーン・センターの洗練されたブレゲブルーのカーペットの上で最高のガラディナーを満喫しました。