This where the flash should stand...

広がるブティックネットワークと文化貢献

2010.12.13

オークションページを見る

クラシックで洗練された上品なデザインを誇るブレゲが、ラグジュアリーブランドのブティックが立ち並ぶニューヨーク五番街に登場。11月末にオープンしたブレゲは、アメリカでも躍進を遂げ、その文化にもしっかりと根を下ろします。

ニューヨーク・フィルハーモニックと先頃結んだパートナーシップは、ブレゲにとってエピローグに過ぎません。今回、ブレゲは、ニューヨーク・フィルハーモニックのスクール・パートナーシップ・プログラムに貢献するチャリティーオークションでアメリカ社会にさらに深く浸透します。ブレゲは、ブレゲ クラシック5157をオークションに出品し、ニューヨーク・フィルハーモニックの慈善事業に貢献します。このモデルは、9月のオープニング・ガラ・ナイトでアラン・ギルバートに贈られた時計と同じモデルです。オークションの収益の100%がスクール・パートナーシップの活動資金となります。

スクール・パートナーシップ・プログラムは、交響楽を体験させることによって、学生のクリエイティビティを刺激し、音楽への理解を深めるとニューヨーク・フィルハーモニックは説明しています。偉大な音楽作品を勉強し、ニューヨーク・フィルハーモニックの生の演奏に触れ、自分の音楽を作曲していく中で、学生たちは、聴き澄ます力、演奏テクニック、譜面を理解し、象徴的に理解するだけでなく表現する能力、グループワークからハーモニーを生み出す力、文化的歴史の知識を習得し、音楽という芸術と自己との関係を見いだします。

「ブレゲは、革新的な技術により卓越した時計を製造するブランドに留まるだけでなく、ヨーロッパの輝かしい歴史と 文化を継承するブランドです」とブレゲのCEO、マーク・A・ハイエックは先に述べています。ブレゲは、マニュファクチュールの粋を超えて、様々な素晴らしい芸術支援活動を通じ、歴史的文化を守るという理念に基づき活動しています。ニューヨーク・フィルハーモニックとのパートナーシップにより、世界の偉大なる交響楽団が更に発展していく事を願っています。ニューヨークの若い世代へクラシック音楽を伝承してゆくフィルハーモニックの貢献を通じてスクール・パートナーシップ・プログラムが、文化継承の正しい理解を促す組織であることは明白です。

「ブレゲの大きな支援ほどタイムリーな支援はありません。音楽教育がかつてないほど重要視されている今、フィルハーモニックのスクール・パートナーシップ・プログラムは、我々のパートナースクールの子供たち全員の生活に質の高い指導を提供します。支援という贈り物が、フィルハーモニックとスクールを強く結びつけることに役立つのです。」と、ニューヨーク・フィルハーモニックの教育長、テオドール・ウィプラッドは述べています。

オークションにかけられる時計は、12月15日より五番街のブティックで展示されました。ブレゲ クラシックは、18Kイエローゴールド製の極薄型のクラシック腕時計であり、手彫りギヨシェ模様銀色仕上げゴールドダイヤルを備え、自動巻ムーブメントを搭載しています。ケース直径は38mmで、30m防水を有します。このオークションは、eBayギビングワークスサイトにて2010年12月30日午前12:01 からスタートし、2011年1月15日に終了しました。詳しくは、www.nyphil.org/auctionをご覧ください。

3,500平方フィートのブレゲの新しい五番街のブティックは、特別な展示スペースが特徴となっています。ここでは、お客様はスイスにあるブレゲのマニュファクチュールをインタラクティブにシュミレーションしていただけます。また、ミニッツリピーターの音色をお楽しみ頂くために、ブティックにはブレゲの時計職人が在駐しております。

五番街のブティックは、ブレゲが米国における3番目のブティックとなります。すでにオープンしている2店舗は、ニューヨーク市マジソン街とカルフォルニア州ビバリーヒルズのロデオドライブにあり、この3番目の店舗を新しいフラッグシップショップとして迎えます。