This where the flash should stand...

ザ・ウォッチ・デイズ(THE WATCHES DAYS)と2010年パブリック・グランプリ(THE GRAND PRIX DU PUBLIC 2010):ブレゲが優勝

2010.11.22

時計ブランド約50社が集結し、11月12日~14日にわたってジュネーブで開催された初の展覧会ザ・ウォッチ・デイズ(The Watches Days)において、ブレゲの時計が快挙を成し遂げました。審査員ではなく約4,000人の一般投票者が受賞作品を選ぶ2010年パブリック・グランプリ(The Grand Prix du Public 2010)では、シリコン素材のブレゲひげゼンマイを採用したプラチナ製の「トラディション トゥールビヨン・フュゼ」(品番:7047PT)がメンズ時計部門で優勝しました。また、ブレゲの女性用ウォッチ「クイーン・オブ・ネイプルズ ソヌリ・アワーストライク(品番:8978BB)」も高い評価を受け、レディース時計部門で3位に入賞しました。

ブレゲ トラディション 7047PT/11/9ZU

「トラディション」シリーズのこのグランド・コンプリケーション モデルは、トゥールビヨン、フュゼ・チェーン・トランスミッションに加え、初となるシリコン製のブレゲ式オーバーコイル・ひげゼンマイが特徴となっています。ブレゲが発明した初のトゥールビヨン式懐中時計の構造を取り入れたこの類稀な時計はプラチナ製で、アンスラサイトグレーの特殊な金属合金でコーティングを施したムーブメントも特徴的です。香箱に接続されるフュゼ・チェーン・トランスミッションは、時計が動作を続ける限り一定の荷重を加え続けます。1時位置の大きなトゥールビヨンについては、チタン製テンプに関するものが1件、シリコン製ブレゲひげゼンマイに関するものが3件など、複数の特許を出願しました。また、香箱に直結されたパワーリザーブ・インジケーターに関する特許も取得しました。ブレゲはマニュファクチュールとして、この新作モデルに大きな誇りを持っています。実際、ブレゲは研究開発の最先端に身を置いており、単に考案するだけでなく、時計の技術開発を行うことも可能であるため、迅速な製品化と途切れることのない製造が可能です。

クイーン・オブ・ネイプルズ 8978BB/58/974 D00D

ブレゲがナポリ王妃カロリーヌ・ミュラの注文で初の腕時計を製作してから、今年で200周年になります。これを記念して、女性向けに「クイーン・オブ・ネイプルズ」コレクション初のグランド・コンプリケーション モデルを製作しました。自動で時打ちを行うソヌリ(アワーストライク)は、1時間ごとに2回のチャイムを3回繰り返し鳴らして時を告げる洗練されたコンプリケーションで、優美かつ控え目に時の経過を知らせてくれます。必要に応じて、2時位置にあるプッシュボタンで、この機能を停止することができます。ブレゲのマニュファクチュールで製造されたこの卵型の新型ムーブメントは、女性のために特別にデザインされたもので、自動時打ち機能の技術的偉業と、すべて手作業でエングレービングと装飾を施したムーブメントの美しさがエレガントに融合しています。ムーブメントのデザインは、通常求められる技術に加え、美しさと、ハンマーとリピーター機構を搭載した時計の音響効果についてブレゲのマニュファクチュールが行ってきた基礎研究の成果を反映したものとなっています。ブリッジ、ローター、そして装飾モチーフのデザインが一体となって、羽ばたく鳩の姿を表現しており、サファイヤクリスタルの裏蓋を通して、その姿を楽しむことができます。ベゼル全体にダイヤモンドがセットされたホワイトゴールドのケースが、ホワイトマザーオブパールのダイヤルを引き立てています。時打ち機能が作動したことを知らせるダイヤモンドを挟むように配置されたハンマーは、ダイヤル上部11時位置と1時位置に見ることができます。

http://www.thewatchesdays.ch