ヨーロッパ時計製造の最高峰─シュリー翼、サル・シャペル

ルーブルとブレゲ・ミュージアムの豪華な所蔵品が組み合わさった歴史的なブレゲ時計展は、個人のコレクションや英国王室コレクション、パリ工芸博物館、クレムリン博物館、スイス国立博物館といった由緒ある施設や団体からの貸し出し品も展示されています。

ヨーロッパやスイスの文化遺産の保護に熱心な社長、ニコラス・G・ハイエックの精力的な指示のもと、ブレゲ(Montres Breguet S.A.)は、ルイ14世が統治した時代にまでその歴史をさかのぼる美術品を所蔵、展示する国務院室の修繕費用を支援し、ルーブル美術館をサポートしています。