ブレゲ製品の特徴

ブレゲの偽造品の見分け方

アブラアン-ルイ・ブレゲは、そのキャリアのごく初期にあたる1790年頃、あるいはそれ以前から、偽造品という問題に直面していました。この問題は彼のキャリアが成功するにつれて悪化しましたが、19世紀後半には完全に解決はされなかったものの、状況は改善されました。ブレゲの偽造品は、本物よりもはるかに多く出回っています。

5500以降の品番が記された懐中時計は偽造品の可能性があります。
"Breguet à Paris" というサインが入った19世紀の懐中時計は偽造品です。
また、ブレゲでは "Spiral Breguet" の刻印入りの時計は製造しておりません。1880年から1910年にかけて、ブレゲが確立した信用を騙るために多くの製造者が大きな文字で偽造品にこの刻印を刻みました。しかし、ブレゲではそのような刻印を使用したことはありません。