レーヴ・ドゥ・プルーム

ハイジュエリーウォッチ 「レーヴ・ド・プルーム」は、当時のファッションアイコンであり、ヴェルサイユ宮殿を自らのセンスで彩った王妃の物語を伝える時計です。 王妃の優雅さはあまねく知れ渡り、彼女が愛したタフタやシルク、軽やかに揺れる巻き髪や鳥の羽をあしらったヘアスタイルは一世を風靡しました。 このハイジュエリーウォッチのブレスレット全体には、ダイヤモンドが敷きつめられており、ダイヤモンドをセッティングしたデリケートな羽根は、まるで手首の上でワルツを舞っているかのようです。解放感が溢れるような心惹かれるこの時計は、古いしきたりから逃れ、自由を夢見た華麗な王妃自身を表現しています。こちらには、自動巻ムーブメント、キャリバー 586 を搭載しております。