文学の中のブレゲ

フランスをはじめ、世界の文学の中で、ブレゲという時計ブランドとその創立者が構築した高い名声について触れた作品は少なくありません。ブレゲは現在、ヨーロッパ文化に深く根ざしており、その名は上流階級やブルジョア階級、あるいはよりシンプルな生活の中で、ラグジュアリーとエレガンスを香らせる存在として不可欠になっています。

ブレゲの名をその作品の中で取り上げた作家は数多く、そのほんの一例を挙げると、スタンダール、メリメ、プーシキン、バルザック、アレクサンドル・デュマ、サッカレー、ヴィクトル・ユゴーなどの名が挙がります。近年の作家では、クプリーン、マックス・ヤコブ、パトリック・オブライアンなどがいます。